先輩からモラハラ

先輩からモラハラを受けている場合の対処法

先輩からモラハラを受けている場合の対処法

 

職場では、先輩後輩との人間関係があります。
そして、一般的に、先輩が後輩に対してモラハラを行うといったケースがあります。

 

これを自分が受けてしまった場合の対象法の一つは、会社の上司に相談することです。
自分よりも立場が上の先輩に対して注意をすることができるのは、それよりも上の立場の人間です。

 

したがって、上司に相談することは、一つの解決策として悪くありません。
また、公的機関に相談する方法もあります。

 

労働局は厚生労働省の相談窓口であり、実際にモラハラやパワハラで相談する人が多いです。
労働局側から何らかの対応がとられるケースもありますので、相談して損はないでしょう。

 

後は、弁護士に相談するのも良いです。
弁護士に相談した場合は、法的に取れる行動を考えてもらえますし、代理人として相手に警告を出してもらうこともできます。

 

証拠の残し方といったことも教えてもらえますので、法的な手段も考えているなら弁護士を活用するのがベストです。
モラハラは良くないことですが、場合によっては自分が考えすぎているケースもあるでしょう。
一度冷静になって、客観的にモラハラかどうかは考えてみることは重要です。

 

冷静に考えてもそうであるというならば、それは問題なので何らかの対策をとった方が良いことになります。

 

前述のとおり、複数の方策が考えられて、それぞれ有効な手段であるため、モラハラに悩んでいる方は相談して解決のために頑張ると良いでしょう。

関連サイト情報 モラルハラスメント対策ガイドブック


先輩からモラハラを受けている場合の対処法 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>