モラハラ加害者を治療できるのだろうか?

モラハラ加害者を治療できるのだろうか?

モラハラ加害者を治療できるのだろうか?

 

モラハラ加害者の特徴は、被害者に対して言葉の暴力や、態度等で嫌がらせをすること等が挙げられます。

 

急な態度の豹変や虚偽の発言等も目立ちますが、実際に治療する場合はどのような手法がとられるのでしょうか。
具体的な方法としては、カウンセリング等の精神面からの治療が行われます。

 

モラハラ加害者に、自己愛性人格障害といった症状も見られる場合は、その人の過去の体験談等を通して、人としてやってはいけないことは何かといった話を一つずつ時間をかけて話合っていきます。

 

またそもそも加害者意識がない人に関しては、認知行動療法を行い、イライラや不安になる原因は何なのかといった部分に焦点をあてて、改善へと繋げていきます。

 

モラハラ加害者の中には、以前は被害者側だったという人も見られます。

 

子供の頃に親や学校からモラハラに似たような被害を受けていた場合に、大人になって加害者側と同じような行動をとってしまうことがあるようです。

 

その場合は、催眠療法を通してモラハラの原因となっている過去のトラウマを解消する治療が効果的です。

 

触れたくない記憶の部分に向き合うことで、自分自身がモラハラ加害者になってしまっているという現実に気付き考えることができるとされています。

 

関連サイト情報 モラルハラスメント対策ガイドブック


モラハラ加害者を治療できるのだろうか? 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>