モラハラな妻に育てられた子供

モラハラな妻に育てられた子供の性格は

モラハラな妻に育てられた子供の性格は

 

モラハラな妻に育てられた子供は、自分を主張することができません。
通常子供は、親に求められることで自分に自信を持つことができます。

 

特に母親に愛され認められることで、自分に価値を見出すことができます。
モラハラ妻は、子供の個性を完全に否定し愛することもしないため、子供も自分を好きになることができません。

 

その結果、自己主張をほとんどせず自信を持つことができない大人になってしまいます。

 

モラハラな妻に育てられると、自信のなさが顕著な性格になりますが、子供によっては自分を守るために横柄な性格になってしまうこともあります。

 

母親に愛されることなく、傷つく言葉を言われたり行動を起こされていると、心も壊れてしまうでしょう。
その状態から自分を守るためにも、あえて母親に対抗できるだけの強さを身につけようとします。

 

いわば、偽物の鎧をまとって自分の心を守ろうとするのです。その結果として、母親と同じようにきつい言葉を吐いたり、暴れたりと激しい性格になってしまいます。

 

子供の物のとらえ方によってなる性格は違うものの、どちらも健全であるとは言えません。
今後大人になったときに周りとの軋轢に悩みを感じ、生きづらさを感じることになります。

 

妻がモラハラだと感じる夫や、自分自身がモラハラ気味だと気が付いている妻は、抱えている問題を解決しないといけません。

 

子供の性格に影響が出る前に周りの協力を仰ぎながら、状況を変えてみるとよいでしょう。

関連サイト情報 モラルハラスメント対策ガイドブック


モラハラな妻に育てられた子供の性格は 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>