酷いモラハラから逃げる方法

酷いモラハラから逃げる方法

酷いモラハラから逃げる方法

 

モラハラをしてくる相手から逃げる方法としては、相手が自分とどのような関係にあるのかによっても異なります。

 

たとえば会社の上司や同僚の場合には転職することでそこから逃げることが出来ます。

 

転職をすることは就職活動も含めてそれほど容易なことではありませんが、毎日モラハラをされる生活から解放されることを考えるとメリットは大きいと考えられます。

 

モラハラをしてくる相手が家族の場合には、家を出ることを検討する必要があります。
たとえば親や鏡台からされる場合には別居をする方法でそこから逃げることが出来ます。

 

配偶者のモラハラに悩んでいる場合には、離婚を前提として別居を考えてみてはいかがでしょうか。

 

子供が小さいなど簡単に離婚することは出来なくても、モラハラする相手がいる環境で子供を育てることを考えれば、離別するメリットは大きいといえるでしょう。
とにかく相手にしないことが一番ですので、できるだけ早く物理的に距離を置くことをお勧めします。

酷いモラハラから逃げる方法-2

酷いモラハラから逃げる方法

 

恋人同士や夫婦間でもモラハラが問題になっていますが、実はモラハラを行っている人は自分がそうだという自覚を持たない傾向があります。

 

そのため二人だけで話し合いをしても、物事は解決せずに並行線のままになってしまうことが多いので、精神的にダメージを受ける前に逃げる必要があります。

 

逃げる方法として。
とにかく連絡を取らないように携帯電話を切ったり、居場所を知らせないようにすることが大事です。

 

モラハラをする人は表面的には良い人を演じているものの、二人きりになるとひどい発言をすることが多いので、理解されにくいということがあります。

 

そのため周囲に相談することも大切ですが、信じてもらえない場合もあるので、そんな時は親しい人に相談するだけでなく、弁護士など客観的な立場で専門的なアドバイスをくれる人に相談をすることが大事です。

 

謝罪をしたいという電話やメールをおくってきても、根本的な解決が行われない場合は安易に会ったり話しをしないようにして、連絡を遮断することが大事です。

モラルハラスメント対策ガイドブック