妻のモラハラを治したい

妻のモラハラをどうしても治したい時は

妻のモラハラをどうしても治したい時は

 

妻のモラハラを治したいと考えたとき、できる対策はこれまでとは態度を変えることです。

 

いつも同じように相手に合わせたり動揺している姿を見せるから相手も変化しませんが、こちらは相手のモラハラで変化した、心変わりをしたので離婚も辞さないという態度をとれば相手も変わります。

 

多少強硬手段をとらないとモラハラは治りません。
一般的にモラハラをしてくる人の特徴は、いつもモラルハラスメントをしてくるわけではなく、怒った時やスイッチが入った時のみです。

 

そうでなければ結婚していないはずですし、優しい時はあるはずです。

 

通常は親切な時とモラハラをしてくるときの2パターンがあるはずですが、相手が歩み寄ってきたときに自分は歩み寄りをしないことで相手にかわってもらうのが効果的です。

 

こちらは譲歩するつもりはない、自分は正しい、モラハラは断固として許せないという意思表示をするためにはそのくらいする必要がありますし、相手が通常の状態でいる時にもこちらは相手にしない、モラルハラスメントをする人を軽蔑しているといった態度を取ります。

 

そうすると結婚生活を続けたいと考えている場合は大抵相手が折れてくるはずです。

 

モラルハラスメントをしてくる人に何を言っても効果はありませんし、神経を逆なでするだけですので、モラハラする相手がいなくなるかもしれないという恐怖感を与えるのが良いでしょう。

 

突き放すと相手は必ずさらに歩み寄って譲歩してきます。

関連サイト情報 モラルハラスメント対策ガイドブック


妻のモラハラをどうしても治したい時は 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>