モラハラな夫が子供には優しい

モラハラな夫が子供には優しい理由は

モラハラな夫が子供には優しい理由は

 

モラハラ夫の中には、妻にはモラハラをしてくるけれども子供には優しいという人が多いものです。

 

そのため子供が旦那になついているから、離婚して父親と離れ離れにさせてしまってよいのだろうか、自分が我慢するべきなのではないかと悩む妻も多く見られます。

 

もしも子供がまだ幼かったり、少なくとも反抗期前の子供である場合には、モラハラ夫は子供がいうことを聞くうちはやさしくできるけれども、理不尽なことがわかるようになり反抗するようになったら子供に対してもモラハラになる確率が高いタイプと言えるでしょう。

 

モラハラな夫が我が子にやさしい理由は、それは思い通りにできるからです。
しかし子はいつまでも自分の思う通りになるものではありません。

 

モラハラ夫は成長しなくとも、我が子はどんどん成長していきます。

 

成長するにつれて、お父さんがいっていることはおかしいのではないかと父親の理不尽さに気づくようになれば、モラハラ夫にとって自分の思い通りに操れなくなるという現実に直面することでしょう。

 

すると我が子に対しても始まるでしょう。場合によっては子供に手をあげるようになる人も見られます。

 

どうしてそんなこともわからないんだ、だれのおかげで学校に行くことができるんだ、いうことを聞けないなら出て行けなど、このように今まさに妻が言われているようなことを、我が子がいわれるようになることでしょう。

 

つまり言葉でねじ伏せられなくなれば、力を使うようになるということです。

関連サイト情報 モラルハラスメント対策ガイドブック


モラハラな夫が子供には優しい理由は 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>