モラハラな彼氏について

時代が変わってもいるモラハラ彼氏

モラハラな彼氏について

 

ひと昔前の理想の彼氏や結婚相手に求めるものは3高と言われました。
これは「高収入・高学歴・高身長」のことでしたね。

 

最近は時代の変化とともにこれにプラスして「家事ができる」「育児に協力的である」彼氏も必要だとしています。

 

しかし、時代がどう変わろうと動物の本能として「オス」を選ぶ時に最も重要視するのは、やはり強い「オス」であることです。

 

強いと3高になる可能性も高いですし、強いから家事も育児もできるのです。

 

しかし、それと同時に強い「オス」には気をつけたい面もあります。
それは強いことが別の悪い方に作用してしまうと、今話題のモラハラ彼氏になってしまう可能性がゼロではないのです。

 

強いがゆえに、自分が常に正しいと思ったり、負けを認めることができないというモラハラ症状が出る可能性があるのです。

 

モラハラの症状としてはその他にも、仕事がうまくいかないことや、お金が貯まらないことなどすべてを彼女のせいにすることもあります。

 

束縛はモラハラ彼氏の定番

「彼氏が私を束縛したがるのは私を愛しているからよ」などと思っている女性は、彼氏がモラハラであるかもしれないということについて少しは気にした方が良いと思います。

 

モラハラとはモラルハラスメントの略で、道徳や倫理において相手を傷つけたり困らせたりすることとされています。

 

そんなモラハラと束縛に何の関係があるのと思われるかもしれませんが、これが意外なところで深く繋がっているのです。

 

さて、先ほどモラハラを定義づけてお話ししましたが、もっと簡単に言うといかにももっともらしいことを言いながら、実はつじつまが合っていなくて相手も困らせるということです。

 

彼氏があなたを束縛したがるのは、愛しているだけではなく自分が最もあなたに愛されて当然の存在だと信じているからです。

 

同じような傾向から見ると、嫉妬深い彼氏も危険です。
また、安全なはずの女友達と仲良くすることにまで干渉してくるとなると重症の可能性があります。

 

このような場合は冷静に相手を見ることが重要になるでしょう。

関連サイト情報 モラルハラスメント対策ガイドブック


モラハラな彼氏について 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>