これって職場モラハラ?モラハラの見極め方と、あなたがとるべき行動

職場モラハラ?モラハラの見極め方

 

どこの会社にも嫌な上司や相性が合わない同僚がいて、嫌味を言われたり、ちょっとした嫌がらせをされたりして嫌な気持ちになったことが一度や二度はあるのではないでしょうか?

 

ただ単なる信頼関係のもつれであれば問題ないのですが、そうではなく、明らかな嫌がらせやいじめ行為を受けているのであれば、それはモラハラに該当する可能性があります。

 

「これって職場モラハラなのかも…?」と感じる方はこの記事を読んでいただき、モラハラを見極め、対処に望んでいただければと思います。

あなたが職場で受けているのはモラハラかもしれない

あなたが職場で受けているのはモラハラかもしれない

 

1-1.問題視されにくい職場のモラハラ
モラハラを受けている方は「自分が仕事ができないからだ」「自分がのろまだから…」と嫌がらせを受けていることを全て自分のせいにしてしまい、問題視されにくいです。

 

また、モラハラの加害者側も攻撃しているつもりがなかったり、罪悪感を全く感じていないケースも多いといいます。

 

そのためモラハラは加害者だけがどんどん追い詰められていってしまうのです。

 

まずは、自分がモラハラを受けていることを自覚するところからはじめましょう。

 

1-2.こんな嫌がらせを受けていませんか?
職場モラハラとは、「職場で精神的な苦痛を与える行為」です。いじめとも言えますね。具体的にどういった行為がモラハラに該当してしまうのかというと

 

・言葉での攻撃
・集団から孤立させる
・プライベートのことを執拗に聞く/侮辱する
・普通に仕事させないようにする

 

それぞれ解説していきます。

 

・言葉での攻撃
「バカ!」「マヌケ!」などの暴言を浴びせて精神的な苦痛を与えることです。また、「仕事できなくても、みんなと同じ給料もらえていいよね〜」といったの嫌味もモラハラに当てはまる可能性が高いです。その他には陰口や悪口など。人を侮辱する言葉や、業務に関係することでも、度を越えて精神的な苦痛を与える言葉はモラハラとみなされます。

 

・集団から孤立させる
挨拶をしても無視をされる、飲み会やイベントに呼ばれない、知っておくべき連絡が自分だけ回ってこないなど…集団から孤立させようとする嫌がらせ行為はモラハラにあたる可能性が高いです。

 

・プライベートのことを執拗に聞く/侮辱する
プライベートな趣味、恋人関係、家族関係のことなど話したくないことを執拗に踏み込んで聞いてきて周囲に言いふらすこともモラハラの対象です。プライベートな情報が社内のウワサになり、会社に居ることが苦痛になってしまったケースもあります。また、「くだらないこと趣味にしてるね〜」「彼女ブスだね〜」などと言うこともモラハラです。

 

・普通に仕事させないようにする
上司に到底締め切りに間に合わない時間から大量の仕事を振られる、同僚に仕事を押し付けられる、仕事をする上で知っておかなければいけない情報をわざと与えなかったりと普通に仕事をさせない行為もこれに当たります。

自分が職場モラハラを受けていると感じたら?

自分が職場モラハラを受けていると感じたら?

 

自分が受けている嫌がらせやいじめ行為はモラハラなんだ…と気付いたら、あなたがとるべき行為は次の3つです。

 

@相談するために証拠を集める
A必要な機関に相談する
B(場合によっては)加害者を訴える

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

2-1.相談するために証拠を集める
モラハラを専門機関に相談しようと思えば証拠が必要になります。モラハラ内容を事細かにメモしておく、メールの保存、録音テープやビデオを撮っておくなどの方法があります。いつ、どこで、誰から、どんなことをされたのかが分かるものが望ましいでしょう。

 

2-2.必要な機関に相談する
証拠を揃えたら、社内にあるハラスメント相談窓口や労働局に相談しましょう。これから自分がとるべき行動のアドバイスをくれたり、会社との間に入ってもらって話をしてもらえるなどの対応をとってくれます。

 

2-3.場合によっては)加害者を訴える
自分がされた行為がどうしても許せない、訴えて慰謝料を請求したい、という場合は弁護士にお願いして法的措置をとるという方法もあります。その場合は労働問題やモラハラ問題に詳しい弁護士の方にお願いするようにしてください。

モラハラ解決は「自分が全て悪い」と思うのをやめることから

モラハラ解決は「自分が全て悪い」と思うのをやめる

 

モラハラ行為は加害者が自分を責めてしまい、問題化せず、被害者ばかりが追い詰められていってしまうケースも少なくありません。たとえあなたが仕事ができなかったとしても、仕事が遅かったとしても、それがモラハラをしてもいい理由になるわけがありません。

 

まずは自分を責めることをやめて、モラハラ行為を見極め、しかるべき対処を行ってください。

 

この記事があなたのモラハラ問題解決のお手伝いになれば幸いです。




ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】
トップへ戻る