モラハラ女が職場にいる時の接し方の注意点は

モラハラ女が職場にいる時の接し方の注意点は

 

近年日本においてもさまざまなハラスメントが社会問題として注目を集めるようになっていますが、モラル・ハラスメント略してモラハラも関心が高くなっているハラスメントの一つになります。モラハラは力に訴えた暴力などでは無く、態度や言葉を用いて精神的に対象者に深い傷を負わせる為に第三者には解りにくい特徴があります。

 

当事者同士の空間を作りやすい家庭や恋人などの間に起こりやすいハラスメントですが、職場でもそのハラスメントに悩まされている人も少なく無いのです。職場では言動によって対象者の人格を傷つける行為を繰り返し、精神的苦痛を与えるだけでは無く退職に追い込むケースもあるため非常に問題があります。

 

モラハラ女は対象者に対する攻撃が陰湿でしつこい場合も多く、嫌がらせ行為を我慢していると増長してますます酷くなる可能性があります。その為に、仕事場の雰囲気や関係性が悪くなることを恐れて我慢するのでは無く、直ぐに上司や社内の相談窓口に報告して指導や処分を行う事で抑止される場合もあるのです。

 

当事者同士の閉鎖的な環境の中では被害が大きくなる可能性も高いために、信頼できる職場の上司や仲間などに相談して情報を共有することも大切になります。

 

嫌がらせ行為を受けた場合にははっきりとその行為が不快である事を伝えて、相手を増長させないようにする事も大切です。嫌がらせを受けて萎縮して我慢してしまったり、傷ついていることでその行為がエスカレートしがちなために、早めに周囲に相談する事はもちろんのこと、相手に毅然とした対応を行う勇気を持つことも大切になります。


トップへ戻る