家庭内モラハラ対策

モラハラの例から考えられる対策は

 

夫婦では離婚の原因にもなるモラハラ(モラルハラスメント)。夫婦の間ではちょっとした行き違いや言い合いも日常的に起こることから、夫の言動には少々ならば我慢してしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、モラハラにはそれなりの対策もあります。夫もモラハラで悩んでいる人は、一度以下の対策を実行してみてください。

 

1、 夫の言葉を真にうけない
モラハラ加害者の典型的な言動の一つに「被害者を徹底的に責める」というものがあります。理由はこぎつけのようなものでもとりあえず責めまくってきますので、その言葉を真に受けて傷つきすぎないことが大切です。

 

2、 夫に同情心を持たない
「この人は私がいないと」というのはただの思い込みです。こういう心が夫を思い上がらせますので、同情は禁物と思ってください。

 

3、 証拠を残す
第三者に相談する時にはどのような状況だったのかがわかる証拠があると良いでしょう。

 

このような簡単な対策をすることで、少しずつ夫のモラハラを治していきましょう。

職場でのモラハラ対策とは

職場ではパワハラやセクハラはよく聞くけど、モラハラって何だろうと思っている人もまだ少なくないかもしれませんね。

 

芸能界夫婦の離婚騒動で一気に注目されたモラハラはモラルハラスメントの略で、「言動によって職場内の相手の人格や尊厳を傷つけたり精神的な痛みを負わせ、相手が職場を辞めざるを得ない状況に追い込むこと。」とも定義されます。

 

では、このような目にあった場合はどのような対策があるのでしょうか。もっとも有効な対策の一つはしかるべき人や部署に相談してみることです。

 

職場では仕事でミスをしてしまったり、成績が上がらなかったりすると、上司からそれなりの叱責を受けることになり、その叱責とモラハラを一緒に考えてしまう人も少なくありません。

 

それゆえに誰にも相談しないであきらめてしまう人がいますが、そんな必要は少しもありません。まずは、自分が置かれている(されている)状況を第三者に話すことが最初の対策と言えるでしょう。

モラハラの例から考えられる対策は

モラハラの例から考えられる対策は

 

彼氏や彼女や職場など、いろいろな場所でモラハラを受けてしまう可能性は誰にでもあります。実際に受けてしまったときにはどのような対策をしたらいいのか知っておくと、一人で悩まなくても済むのではないでしょうか

 

職場で先輩や上司などからモラハラを受ける場合、例としては、何か仕事で失敗してしまったとします。

 

その時に失敗のことを怒るのではなく、家族の悪口まで言われてしまうような、精神的に攻撃を受けてしまうことが続くようならば、第三者に間に入ってもらうのが一番の対策です。

 

モラハラをしているほうも自分がひどいことをしているという意識が足りないことも多いので、第三者から忠告をしてもらうなど自分以外の人に対処してもらうことが大切です。

 

家族間や彼氏や彼女の関係で、モラハラを受けているときは、自分がどうしたいのかをまず考えることことが大切になってきます。相手と二度と会いたくないと思うのか、それでも一緒にやっていきたいと思うのかによって対処法が変わってきます。

 

あっていることがプレッシャーになって辛い場合の対処法としては、相手と距離をとって合わないようにするとよいでしょう。家族間ならば思い切って家を出ることも選択肢になります。

 

また別れたくないという気持ちがあるならば、専門家に相談するのもよい方法です。一緒に専門家からカウンセリングを受けることで、相手のしていることがモラハラだと分かってもらうことで状況が変わる可能性があります。

関連情報(外部サイト)

トップへ戻る