家庭でもモラハラは起こる。家庭モラハラの特徴や解決策について

家庭モラハラの特徴や解決策について

 

モラハラと聞くと、会社で上司や同僚から受けるいじめや嫌がらせといった行為を想像される方も多いかと思いますが、モラハラは身近な家庭でも起こりえます。夫から妻へ、妻から夫へ、彼氏や彼女との間にさえモラハラは起こります。

 

そこで今回は家庭内モラハラにはどのような行為が当てはまるのか、具体的な例や特徴、モラハラを受けやすい妻や夫の特徴や、家庭モラハラの解決策などをご紹介します。

モラハラは家庭の中でも起こりうる問題です

モラハラは家庭の中でも起こりうる問題

 

家庭モラハラには実にさまざまなタイプがあります。具体的な例を挙げると

 

・精神的に追い詰めるような暴言を言われる
・前触れもなく突然怒り出す
・何日も無視をする
・作った料理を食べない
・生活費を入れない
・育児に全く参加しない

 

など多岐にわたります。家庭モラハラの怖い部分は、閉鎖的な家庭空間で起こるため周りがその現状に気付けないということです。

 

モラハラを受けている被害者も「自分が悪いんだ」「これ以上傷つけられるのが怖い」と何も意見が言えない方が多く、モラハラをしている加害者もまさか自分がモラハラをしているなんて思いもよらない無自覚な方が多いともいいます。自分の家庭に問題が起こっていることを恥ずかしく思い、誰にも相談できないケースも多いです。

 

また、モラハラの被害者と加害者とはいえ、とても身近な夫婦という関係。関係が近すぎると視野が狭くなってしまい、解決に向けた冷静な話し合いが出来にくい傾向があります。

妻から夫への家庭モラハラ「モラハラ妻」も増えている

妻から夫への家庭モラハラ「モラハラ妻」

 

また、最近では妻が夫にモラハラ行為を行う「モラハラ妻」も増えてきているといいます。具体的には

 

・家事をしない
・お金を渡さない
・無視をする
・暴言を言う
・浪費が激しい

 

など。料理を作らなかったり洗濯や掃除を全くしない、お給料を受け取ったら夫には雀の涙程度のお小遣いしか渡さない、家に帰っても無視をする、体臭や抜け毛など身体の特徴についての侮辱をする、ブランドバッグや洋服を買い込み夫の給料を好き勝手に使うなど…。こういったモラハラ妻に困り果てている旦那さんも増えてきているそうです。

 

中には、たまに仕事から早く帰ってこれば「なんでこんなに早く帰ってきたの。給料低いんだからもっと働いてこいよ」、「家でも会社でも役に立たないんだね。いっそ死んでくれて保険が入れば役に立つんじゃない」など言われた例もあります。信じられないくらいひどい言葉ですね…。家庭モラハラは関係が近いぶん容赦がありません。

家庭モラハラをされやすい妻/夫の特徴

家庭モラハラをされやすい妻

 

モラハラをしやすい人の特徴があるように、モラハラを受けやすい人にも特徴や共通点がいくつかあります。それは

 

・真面目で優しい方
・相手の意見に従順な方
・自分を責めがちな方

 

こういった性格の方はモラハラ行為を受けやすい傾向にあります。「この人になら何を言っても言い返してこないだろう」「自分の言うことを何でも聞くだろう」という支配欲を満たせるような方がモラハラを受けやすいです。言い換えれば、家庭モラハラを行う方は相手が何も言い返せないことに甘えているんですね。だって自分の上司や友人に同じことをできるわけがないのですから。

 

とはいえ、意見を言い返せば逆上…なんてことにもなりかねません。家庭内のモラハラ解決には知人や心理カウンセラー、弁護士など、第三者の協力を借りるのが一番の近道です。

家庭モラハラの解決は第三者と力を合わせて

家庭モラハラの解決は第三者と力を合わせて

 

家庭モラハラを解決したいとお考えなのであれば、知人や友人に現状を相談し、間に入ってもらい話し合いを行ったり、臨床心理士の資格を持つカウンセラーの方にお願いし、夫婦でカウンセリングを受けるといった方法があります。

 

モラハラは心の問題も絡んでいるため、解決に時間はかかるかもしれませんが、改善したいという意思がお互いにあるのであれば関係性も快方に向かっていくでしょう。

 

とはいえ、問題を解決するには健康な心身が必要不可欠です。まずは辛い思いをされているご自身の心をケアしてあげることを最優先にしてあげてくださいね。




ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】
トップへ戻る