モラハラ加害者になってしまう原因とは

モラハラ加害者になってしまう原因とは

モラハラ加害者になってしまう原因とは

 

自分では全く意識していなかったけど、周りの人間から「それはモラハラだよ」と指摘されたらショックを受けてしまうのではないでしょうか。

 

そんなつもりはないのに加害者になっていたということです。悪気がないのにモラハラ加害者になってしまった、その原因はどこにあるのでしょうか。

 

最も多い原因は、おそらくストレスでしょう。

 

自分よりも力のある人間、職場で言えば上司や取引先にプレッシャーをかけられたり、自分自身がモラハラされている場合など、強いストレスを受けるものです。

 

それを発散させるため自分よりも下の立場の人間に辛く当たったり、嫌がらせのような態度をとってしまうことでモラハラ加害者になってしまいます。

 

自分はそんなつもりじゃない、と思っていてもイライラしている時など弱い立場の人間の粗さがしをしてしまうこともあります。

 

もし自分が強いストレスを受けていて、ちょっと心理状態が不安定だと感じているのならモラハラ加害者になる恐れがあるので注意しましょう。

 

また、職場などでモラハラのひどい上司がいたとしたら、相当なストレスを受けているんだなと憐れんであまりに気にしないことです。
被害を受けそうだなと感じたら、そっとその場を離れましょう。

 

関連情報(外部サイト)


モラハラ加害者になってしまう原因とは 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>