モラハラ加害者にならない為のセルフチェック

モラハラ加害者にならない為のセルフチェック

モラハラ加害者にならない為のセルフチェック

 

モラハラとは、モラル・ハラスメントの略で、精神的な暴力のことです

 

モラハラをする人は自己愛が強く幼少期のトラウマから内面的には非常に劣等感が強く、それを隠すために常に自分を大きく見せて優位に立ちたいがために人を傷つける傾向にあります。

 

モラハラ加害者は誰にでもこのような攻撃をするわけではなく、特定の人を必要以上に狙います。
自分自身が、モラハラの加害者にならない為に、またその予備軍ではないかをチェックしましょう。

 

以下の項目で、いくつ該当するか確認します。

 

1.自分と価値観が違う人は理解できない
2.他人の成功話を嫌がる
3.疑い深い
4.後輩や店の店員に偉そうな態度をとる
5.周囲に自分のやり方を押し付ける
6.素直になれない
7.反対意見を言われると怒る
8.自分に不利だと相手のせいにする
9.趣味やストレス発散方法を持っていない
10.相談できる友達、家族がいない

 

以上の項目で、該当数が3項目以下なら問題ありませんが、7項目以上当てはまる場合はモラハラ予備軍です。

 

予備軍に該当する場合は、相談できる相手を見つけたり、没頭できる趣味を見つけましょう。
また、心療内科などで心理カウンセンリングを受け、話を聞いてもらうことで心の傷が癒えることもあります。

 

自分がモラハラをしていることに気づき考えるきっかけになる場合もありますので気軽に相談してみましょう。

 

関連情報(外部サイト)


モラハラ加害者にならない為のセルフチェック 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>