息子からのモラハラ

息子からのモラハラは反抗期だからなのか?

息子からのモラハラは反抗期だからなのか?

 

息子からのモラハラに悩んでいる父母は多いようです。1つの理由として、反抗期という言葉があげられるでしょう。反抗期は人それぞれですが、中学生の1年生〜2年生くらいの時期に多いようです。子供が大人になるための成長過程としてあたたかく見守ってあげるとよいでしょう。

 

息子からのモラハラが、ただの反抗期ではないというケースもあります。必ずしも大人が正しく、子供が間違っているというのではありません。

 

むしろ子供のほうが学校で正しい教育を受けている分、正しいことを言っているというケースもあります。息子からモラハラを受けた場合には、まずは自分になにか問題がないかどうかということを考えてみましょう。

 

そうして、自分が間違っていたというケースでは素直に謝ったり、なにか欲しいものを買ってあげたりといったように必ずなにかアクションを起こしましょう。でないともやもやが晴れずにずっと共同生活を続けていかなければならなくなります。

 

モラハラ彼氏といった言葉が流行っている時代です。モラハラ彼氏ならば別れたらすむ問題ですが、親子の場合にはそうはいきません。

 

少なくとも子供が一人立ちするまでは親としてしっかりと育てる義務があります。子供が間違ったことをしたら、親の責任となります。

 

「こんな子供に育てた覚えはない」というセリフがありますが、覚えがなくても子供が未成年のうちは責任をとらなければならないのが社会の常識です。しっかりと向き合って解決をしてしまいましょう。