モラハラに言い返す時の注意

モラハラに言い返す時に注意しなければならない事は

モラハラに言い返す時に注意しなければならない事は

 

モラハラに言い返す際に一番気をつけなければならない点は、感情的になりすぎないということです。怒りを我慢することができずに言い返してしまうことは、相手のコントロールによるものです。相手が自分を怒らせて意図的に言いかえすように仕向けているということです。

 

つまり相手は言い返してほしいと思っていて、その理由はもっと自分から言いたいからです。一番良いことが反応しないということでしょう。

 

反応せずに別の対処法も併せて行っていくことが最も効果的だともいえます。しかし場合によっては、反応しないことはすぐには難しい時もあるでしょう。

 

そのようなときは少なくとも感情的になるのはやめましょう。こちらがむきになればなるほど相手は揚げ足を取ってきます。もしも怒りをあらわにすれば待ってましたとばかりに相手を悪者にします。そして静かに攻撃した自分は被害者のようにふるまいます。

 

具体的な言い返す際のポイントとして、言い返す言葉はできるだけ短く、攻撃的ではないような言葉を選んで伝えましょう。

 

相手は人が感情的になるところを見ると喜びを感じるため、そのような姿は見せないのが望ましいものです。そのために有効となるのが皮肉を用いることです。

 

そして批判された場合には相手に対して無関心であることを示すために、皮肉を答えるときには微笑みながらいうことを心掛けてみると良いでしょう。

 

全く急激に強くならないことにも気をつけましょう。こちら側の急な変化は、怪しまれるだけではなく反撃を食らうことにもなるでしょう。無理のない自然なやり方で、少しずつ対処していきましょう。