モラハラの原因は家庭環境に影響しているのか!?

モラハラの原因は家庭環境に影響しているのか!?

モラハラの原因は家庭環境に影響!?

 

社会には様々なキャラクターを持った人々が共存しています。自分にとって合う人もいれば、あまり合わない人もいることでしょう。その中でもモラハラつまり、モラルハラスメントをする人が自分の職場や共同体にいると多くの人を悩ませてしまうことになります。

 

モラハラとは、人が人に対して肉体的ではなく言葉や態度を使って精神的な暴力を使うことを言います。この行動は大抵の場合、社会的立場の高い人から社会的立場の低い人へ行われます。

 

その結果モラハラを受けた人は、モラハラを行う人が自分の前から去るまでひたすら我慢するか、自分がその環境を離れることを選択してしまう場合があります。

 

モラハラを行う人は根本的に自我を守る為に他人を攻撃すると言われています。つまり、他人を利用して安心しようとしているのです。そして、その原因は多くの場合その人が育った家庭環境に大きく影響されているものです。

 

子供の頃にトラウマを抱えてしまったり、何かしらのコンプレックスを持ってしまった人は、自分の自我を守る為であれば、通常の人は罪悪感を持ってしまうようなことを平気で言ったりするのですが、本人はそのことをそれほど悪いことだとは認識していないことがほとんどです。

 

ですので、もしそのような人に出会ってしまった場合は、あまりその人の前で自分の個人的な情報や思想などは話さないほうが無難です。そして、モラハラをする人のプライドをなるべく傷つけないように気を付けることも大切です。