モラハラで離婚した場合の慰謝料はどうなるのか?

モラハラで離婚した場合の慰謝料はどうなるのか?

モラハラで離婚した場合の慰謝料はどうなるのか?

 

モラハラで離婚をした場合、慰謝料は被害者側がもらうことが出来るわけですが、ここで問題となるのがどちらが被害者になるのかということです。

 

モラハラというのは当事者の事情をよく知らない人間からすると、加害者側が被害にあっているように思えるものとなりがちなので、モラハラが原因で離婚をすることになったとしても本当の被害者側がわがままを言って別れたいとなったという流れになりやすく、加害者側が被害者扱いされるという逆転状態になってしまうことがあります。

 

追い込まれた側というのは、別れることができればそれでいいと考えて本当の被害者側が慰謝料を支払うことになってしまうということもあり得るのです。

 

そのため、モラハラで離婚を考えているときにはとにかく客観的な証拠を集めて、相手が加害者だということをはっきりさせた上で別れることが大切です。

 

相手から慰謝料を取ることを目的としないまでも、逆に支払うようなことになって別れることになってしまえば経済的なダメージはもちろんのこと心の傷も深くなってしまうことになりますから、モラハラで離婚をするときには慰謝料のことを抜きにしても事実関係をはっきりさせてから別れるようにしましょう。

 

関連サイト情報 モラルハラスメント対策ガイドブック


モラハラで離婚した場合の慰謝料はどうなるのか? 【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】>>