職場でのモラルハラスメントの特徴

職場でのモラスハラスメントの特徴とは

職場でのモラルハラスメントの特徴

 

職場でのモラルハラスメントの特徴は家庭で起こるモラルハラスメントとは少し違った特徴をもっています。

 

暴言を吐いたり、嫌がらせをしたりすることは一緒なのですが、仕事に対しての能力に特化した嫌がらせが多く、周囲も巻き込んで、ダメな人といったレッテルを共通化しようとします。

 

また嫌いだからといったコミュニケーション自体は拒否するのですが、プライベートに部分をのぞき見したり、ストーカーしたりして監視を行なって、粗を探してくるのです。

 

実際に後をつけたりする行動や物を漁ったり、携帯を勝手に見たり、後ろで大きな音を立てたりと存在をアピールしながら監視することが多いです。

 

これらの職場でのモラルハラスメントには主に3つの目的がありまして、優秀な被害者を自分の下にして優位に立ち自尊心を保つこと、自分の言いなりの人間を作ること、ストレス解消の道具にすることになります。

 

相手に嫌がらせをして自信を失わせて、加害者が優越感に浸るという構図となっているのが主な職場でのモラルハラスメントの特徴となっているのです。

職場でモラルハラスメントが起こる時の特徴

職場でモラルハラスメントが起こる時にはある一定の流れの特徴が決まっています。

 

モラルハラスメントは自動的に起こるものではなく、意図的に作られていることが多々あります。

 

例えば、周囲に人がいる状態で見下したり、バカにしたり、否定したりと孤立する環境を作り、加害者は楽しそうな輪を作るなどして、被害者を少しずつ追い込んでいきます。

 

加害者はこれらの行動を正当化して、外面が良く周囲から良い人と思われているので被害者の方が悪いから起こっていることと認識されて、ますます職場内で孤立していきます。

 

職場で起こるモラルハラスメントの特徴として、このような悪循環が生まれることがあるのです。

 

また被害者と加害者の関係ですが、加害者は一方的に被害者に対して嫌がらせをする訳ではなく、時には気を遣ったり、褒めたりと仲が良いようなアピールをして、飴と鞭を使って、被害者の意識をコントロールするのです。

 

そういう風に洗脳状態にして、反論ができない状態を作り上げるのも職場でのモラルハラスメントの特徴かもしれません。