付き合う前にモラハラ女かどうかのチェックをしておこう

付き合う前にモラハラ女かどうかのチェックをしておこう

 

セクハラの被害者は女性が多い言われていますが、一方でモラルハラスメント、通称モラハラの被害者は男性の方が多いです。恋人や夫婦間で行われる行為という事もあり、あまり被害が表沙汰になりません。

 

しかしすでに大勢の日本人男性が妻や彼女によって心に深い深い傷を負わされています。最悪の場合、恋愛や女性に対してトラウマを背負う位、メンタルがボロボロになりますので、月並みですが付き合う前に相手の性格をよくチェックしておきましょう。

 

モラハラ女性を一言で表現するなら「責任転嫁」です。常に自分の行動と言葉は正しいを完全に思い込んでいます。本人が原因でトラブルが起きても絶対にそれを受け入れません。「でも、だって」を多用するのがモラハラ女性の特徴であり、男性が優しくアドバイスをしても決して自分のミスを認める事はなく、周囲の人々に責任転嫁をして責任逃れをします。

 

被害妄想が執拗に強いのもモラハラ女性の特徴であり、何気ない日常会話を交わすだけで一方的に男性に恨みを持ったり、ごく一般的な言葉なのに勝手に悪い方に解釈して逆恨みをしやすいです。いわゆる普通の社会人は言葉を出来る限り客観的に利用し、解釈する時も世間一般で広く用いられているニュアンスで受け入れます。

 

一方でモラハラ女性は勝手に自分流で解釈する事が多く、本当は周囲の人から褒められていたり、普通に会話しているだけなのに、無自覚な誤解から逆キレして八つ当たりをする事が多いです。たとえ魅力的に感じる方がいても、妙に責任転嫁を繰り返す言動が目立つようであれば、交際は避けた方が無難でしょう。


トップへ戻る