父親からのモラハラ

家族をコントロールする父親からのモラハラ

父親からのモラハラ

 

父親からのモラハラは一家の大黒柱ということもありまして、家族全体をコントロールしていることが多いです。子供が小さい時には力による支配から始まり、ある程度の年齢に達すると暴言や経済的な制裁をして、子供のみならず家族全体をコントロールするのです。

 

そこまでいけばdvのレベルになりますが、一家の長の権限や尊厳を借りて、子供相手にモラハラする父親はとても多く、何事にも従わせようとします。

 

ただ厳しいだけだと家族であっても逃げてしまいますから時折優しい一面を見せたり、お金で釣ったりと逃げられないようにして上手く被害者の意識をコントロールしているのです。

 

このような全てを支配したがる父親からのモラハラから逃れるためには完全な改善策は難しく、子供でしたら早く自立してしまうのが一番かもしれません。

 

またそういったモラハラの父親に育てられた場合、被害者の子供も環境になりきっているため新たに家庭を持つ場合は同じようにならないように注意が必要でしょう。

父親からのモラハラはdvに発展しやすい

父親からのモラハラは母親から受けるものよりもdvに発展しやすい傾向があります。

 

その理由として父親は男性であり、口で言い負かすことに慣れていないと、つい手を出してしまうからであり、相手が小さな子供であっても殴る蹴るといった暴力を起こすこともあるのです。

 

男性として父親としてのプライドが高く、モラハラ気質な性格ですと少しでも否定するような言動があれば、激昂して口答えができなくさせようとする場合が多々あります。

 

幼い子供でしたら、そうなったら怖いというイメージが植え付けられ、反抗できなくなります。子供に対して苦労している、心配しているといった言葉を掛ける一方で価値観や自尊心を傷つける言葉も掛けて子供からの愛情を欲させるといった行動を取ります。

 

少しの愛情を掛けながら親の言うことは絶対であると飼いならしていき、それでも反抗する場合はdvへと発展することが多いのです。父親のモラハラは口だけではなく暴力に変わる可能性も高いので、相手を否定しないように上手く付き合う必要があります。